メインメニュー
都道府県別
月別アーカイブ

浜松町駅の小便小僧 – 様々な衣装を着て駅ホームで用を足す姿とは?(東京都港区)

小便小僧‐彼が予想だにもしない場所に立つことで、その場を珍スポットにしてしまう事象については、これまでこのブログでも取り上げてきた通りです。(関連記事:小便小僧の珍スポット)

今回お話しするのは、そのような小便小僧に関する珍スポットの第3弾。なんと今度は大都会の駅ホームで見ることができ、しかもその姿だけでなく、衣装についても楽しめるということです。

その珍スポットの名前とは浜松町駅の小便小僧。今回は彼を実際に訪ねた際の様子をもとに小編にて紹介します。

果たしてそこではどのような光景が織り成されているのでしょうか!?

大都会の駅ホームに小便小僧の像が立っているわけないでしょう。

ところが、今回も私たちの常識を斜め上を行く小便小僧を紹介するそうよ。彼って、本当に気まぐれで神出鬼没なのね。

¥1,540 (2024/02/12 14:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
目次

駅のホームに立つ小便小僧

今回の珍スポット・浜松町駅の小便小僧は、その名の通り東京都港区の浜松町駅ホームにあります。

浜松町付近は、旧浜離宮恩賜庭園や浜離宮恩賜庭園、増上寺、東京タワーなどの多くの観光名所があり、水上バスやフェリーも発着していて、羽田空港へのアクセスも良いことから、東京の玄関口としても役割も果たしている地域です。

かつて静岡西部の都市・浜松に住んだことのある筆者は、その町名の由来が気になり調べたところ、1696年に遠州浜松出身の「権兵衛」という人物が、この地域の名主になったことにちなんで名付けられたということです。

このような名前の由来から何か縁のようなものを感じたこともあり、浜松町付近の各観光地を訪問。今回の珍スポットはその一環として訪ねました。

JR山手線浜松町駅の周りには高層ビル群が立ち並んでいて、いかにも大都会・東京といった景観が形成されています。

一見普通の駅のようにも思えますが、今回の珍スポット的な光景は、3・4番線プラットフォームの端で見ることができるのです。それでは、その驚くべき光景について見ていくことにしましょう。

∑(๑ºдº๑)!!

なんとプラットフォーム端には、公然の場にも関わらず、平然とした姿で放尿する少年の像が!

そうです!花が添えられ、小便小僧と彫られた台座の上から用を足すこの少年の像こそ、今回珍スポットとして紹介する浜松町駅の小便小僧なのです!

堂々たる姿の小便小僧ですが、見学している者としてまず浮かぶ疑問は、なぜこのような場所に小便小僧の像があるのかということ。

設置されている案内やインターネットで調べたところによると、この小便小僧は1952年に鉄道開通80周年を記念して、国鉄の嘱託歯科医師であった小林 光氏により寄贈された、大変歴史のあるブロンズ製の像だということで、平和と愛のシンボルとして広く愛されているということです。

また、気になってしまうのはその奇抜な衣服。筆者が訪問した10月中旬は、その時節にふさわしいハロウィンをモチーフとした衣装を着ておりました。コロナ禍であったこともあり、しっかりかぼちゃ色のマスクまで着用しております。

さらに驚くべき点として、この小便小僧の衣装については、様々なものに定期的に着せ替えられてということ。

現在この小便小僧に奇抜な衣服を着せているのは、「あじさい」という港区社会福祉協議会の手芸グループ。(手芸グループあじさい) 当初着せ替えについては地元の主婦により行われていましたが、1985年にお亡くなりになった後は、「あじさい」が引き継いで毎月時節やテーマに沿ったものに着せ替えているということです。

駅で用を足す姿だけでなく、衣装までも楽しめる、地元愛に満ちた小便小僧。筆者も今後、浜松町駅へ行った際は小便小僧に会いに行って、その日はどのような衣装を着ているのか見てみたいと思いました。

駅のホームに、様々な衣装を着た小便小僧がいるなんて、なんだか斬新な光景だなあ。

まとめ

今回紹介した珍スポット・浜松町駅の小便小僧、いかがでしたか!?

駅のホームという交通手段としての場所に、様々な衣装を身にまとった小便小僧が立っているのは、我々の常識の斜め上を行く光景であり、立派な珍スポットということができるでしょう。

冒頭でも述べたように、浜松町付近には様々な見どころがあるため、他の観光地と併せて訪問すれば、よりいっそう充実した日を過ごすことができますね。

駅のホームで用を足す少年像から感じるロマン、気になる方はぜひ浜松町駅の小便小僧に会いに行きましょう!

まとめ
  • 浜松町駅の小便小僧は、その名の通り東京都港区の浜松町駅ホームにある。
  • 1952年に鉄道開通80周年を記念して、国鉄の嘱託歯科医師であった小林 光氏により寄贈されたものである。
  • 港区社会福祉協議会の手芸グループ「あじさい」により、毎月時節やテーマに沿った衣装に着せ替えられている。

訪問日:2021年10月16日

¥1,540 (2024/02/12 14:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

詳細情報

クリックして応援お願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次