メインメニュー
都道府県別
月別アーカイブ

福井駅-行政のPR活動により展示された恐竜たちの見せる光景とは?(福井県福井市)

恐竜-人間よりもはるか太古に存在していたとされるその生物は、非常に大きな骨格および怪物的な外観をしていたとされています。

こうした特徴により、現代では世界中の博物館でその化石が大きな見どころとしても扱われており、子供を初めとして多くの人々の注目の的になり続けてきました。

このような恐竜ですが、人々がその存在を推そうとするあまり、まったく思いもよらないような珍スポットが形成されてしまうという例は国内でいくつも報告されているところです。

そこで今回は、そのような珍スポットのうちの一つである福井駅について紹介していくことにします。果たしてそこではどのような光景を見ることができるのでしょうか。

子供のころは恐竜に魅せられて、おもちゃなどでよく遊んだものです。

恐竜という存在自体がロマンに満ちたものであるわね。珍スポットと結びついてしまうのもある意味必然なのかもしれないわ。

¥4,180 (2024/02/12 20:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
目次

福井駅に展示された恐竜たち

今回紹介する珍スポット・福井駅は、その名前の通りJR福井駅のことになります。この日は北陸ツーリングで福井に宿泊した際に、当駅へ訪問しました。

駅近くのホテルにチェックインして荷物を置き、一休みして夜間に訪れましたが、駅前はライトアップされていて大変華やかな印象を受けます。

しかし、この駅前の西口恐竜広場には、そのような華やかな印象など吹き飛んでしまう数々のものが展示されているのです。早速あたりを見渡して、その様子を見ていくことにしましょう。

恐竜モニュメント

∑(๑ºдº๑)!!

最初に目に入ってくるのが、大人の背丈を軽く超えるような高さの巨大恐竜駅前広場というロケーションに、あまりにも場違いなモニュメントが立つことにより、この広場にはあまりにもインパクトのある光景が形成されているのです…!

しかも、この恐竜は巨大なだけでなく、鳴き声を上げながら首を上下に動かしていたりするなど、非常に手の込んだ仕様となっています。いったいなぜ駅前にこのようなものが設置されているのか。

調べたところによると、福井県では昭和57年以来、恐竜の化石が多数発掘されており、それは日本の恐竜化石の大部分を占めています。このような県の特色を生かして、平成27年3月から駅西口広場に恐竜に関わるモニュメント等を展示して、「恐竜王国福井」をPRしているということです。(公式HPより)

恐竜については福井で発掘された恐竜を再現したものであるということで、この巨大な恐竜の名前はフクイティタン全長約10.0メートル、高さ約6.0メートルということです。

足元には白亜紀に存在していたと思われる2匹のネズミもいるなど、大変細かい作りとなっていますね。

このフクイティタンだけでも十分驚きの光景となっていますが、この他にも恐竜に関する作品はまだまだ展示されています。

∑(๑ºдº๑)!!

広場左方にも恐竜のモニュメントが展示されていました!先ほどのフクイティタンと比較してだいぶ小型のものとなっていますが、今度は2匹もいて、鳴き声を上げながらまるで威嚇しあっているかの如くです…!

白い縞が特長である左側の恐竜の名前はフクイラプトル。白亜紀前期に生息したとされており、全長約4.2m、高さ約2.5mもあるということです。

対して灰色の縞を特徴とする右側の恐竜の名前はフクイサウルス。全長約4.7m、高さ約2.6mもあるということです。

恐竜足跡の化石

恐竜の展示物についてはこれらのモニュメントだけでありません。

例えば、広場の足元に目をやると、そこには恐竜足跡の化石が展示されていました。これらも福井で発見された恐竜足跡の化石を複製したものであるということです。

ジュラチックキャラクター

精巧に再現した恐竜作品が展示されている一方で、広場には可愛いらしいキャラクターも展示されています。

こちらは恐竜を模した福井県のマスコットキャラクターで、名前は左からティッチー、サウタン、ラプトとなっています。

これ以外にもたくさんの恐竜キャラクターがいるようで、福井県がキャラクターという点からも恐竜をPRの前面に押し出していることが見て取れます。

恐竜壁画

駅本体の方に目をやると、そこにはまだまだ恐竜たちの姿を見て取ることができます。

駅壁面上方には、巨大な恐竜たちの壁画が描かれていました。夜には先ほどのモニュメントおよびこの壁画はライトアップされているため、その存在がよりいっそう際立ってみることができます。

恐竜トリックアート

駅壁面下方には、あたかも飛び出してくるかの如くに見える恐竜のトリックアートのパネルが設置されています。近くで見ると、本当にすごい迫力ですね。

左側はトリケラトプス、右側は広場でも見たフクイサウルスということです。

恐竜博士の像

そして、恐竜は駅の外だけでなく構内にも潜んでいました。

構内のベンチには、白衣を着て恐竜を研究しているが如くの恐竜博士の像。コロナ禍であったこともあり、しっかりと白いマスクもしております。福井駅に行った際はこの恐竜博士の像とぜひ記念写真を撮りたいところですね。

福井駅も、行政のPR活動による珍スポットということができるわね。

まとめ

今回紹介した珍スポット・福井駅、いかがでしたか!?

日本の恐竜化石の大部分が発掘されているという県の特色を生かした展示物は、訪問した人が思わず見入ってしまうような驚きの光景を形成しており、これぞ恐竜にまつわる珍スポットの一例ということができるでしょう。

まさしく駅そのものが珍スポットとなっているため、福井方面に行った際は容易に訪れることができるのもポイントですね。

たくさんの恐竜たちの展示物から感じるロマン、気になる方はぜひ福井駅の恐竜たちに会いにいきましょう!

まとめ
  • 福井県では昭和57年以来、恐竜の化石が多数発掘されており、それは日本の恐竜化石の大部分を占めている。
  • このような県の特色を生かして、平成27年3月から駅西口で恐竜に関わるモニュメント等を展示して、「恐竜王国福井」をPRしている

訪問日:2022年11月3日

¥4,180 (2024/02/12 20:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

詳細情報

クリックして応援お願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次